イタリア 大型駆逐艦

公開日: 02.09.2021

ISBN ルイージ・ドゥランド・デ・ラ・ペンネ Luigi Durand de la Penne.

表示 閲覧 編集 履歴表示. ラゴット 中型犬 / ラ行 / イタリア サイズは小型から中型で、しっかりとした骨格に筋肉がよく発達し、バランスがとれた体型をしている。胴がつまって体高があり、動作も俊敏で 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. イタリア海軍 の艦艇. 戦術情報処理装置 としては SADOC-2(IPN) を搭載した。これはCDG電子計算機2基とワークステーション10基から構成されている [2] 。なおSADOC-2は インパヴィド級駆逐艦 の年の改修の際に初搭載され、ルポ級・マエストラーレ級でも搭載されたのち、年の改修でアウダーチェ級に発展型が搭載されているが、本級の搭載機は更に強化されている リヴァイ死亡 復活 。また年には2番艦、年には1番艦を対象として近代化改修が行われ、戦術情報処理装置の機能強化が図られたほか、後述のように電子機器が全般に更新強化されている [2] 。.

: Marina Militare Italiana .

冷戦後のアメリカ駆逐艦は、 マルチハザード 化および グローバル化 に伴う任務の多様化への対応を迫られた。これに対して、まず 年 度計画より、アーレイ・バーク級に艦載ヘリコプターの格納庫を追加するなどして汎用性を向上させたフライトIIAの建造を開始するとともに [50] 、完全新規設計の ズムウォルト級 の計画が進められた。同級は満載排水量15,トンまで大型化し、徹底的な ステルス艦 化や波浪貫通型タンブルホーム船体、新型の ミリ砲 など新機軸をふんだんに盛り込んだ一方で [51] 、冷戦終結直後の国際情勢に過剰適応した結果、駆逐艦の伝統的な任務であった海上戦力撃破よりも対地 戦力投射 に偏重しており、また新装備にも問題が多発し、建造費用の高騰もあって建造は3隻で終了した [52] 。そのかわりにアーレイ・バーク級フライトIIAの建造が再開され、 年 度からは更に発展させたフライトIIIに発展することになった [50] 。. 第二次世界大戦 以前の駆逐艦は、単独で海洋活動を遂行するには耐久性に乏しい小型艦艇で、 戦艦 を頂点とする軍艦のピラミッド型秩序においては 露払い 程度の役回りでしかなかった [8] 。しかし戦艦にかわって 航空母艦 が主力艦として台頭すると、高速の空母に随伴できるような 巡洋艦 ・駆逐艦のみで 機動部隊 が編成されるようになり、駆逐艦の地位も向上した [8] 。また戦後になって本格的に ミサイル が登場すると、軍艦の戦闘能力は大きさに比例するという 大艦巨砲主義 の前提は崩れた [8] 。 潜水艦 の脅威が深刻化して巡洋艦も 対潜戦 に従事するようになったこともあって、巡洋艦やフリゲートと駆逐艦との境界の不明瞭化が進み、単に、搭載する戦闘システムの性能や兵装の多寡による区別としての性格が強くなっていった [8] 。. Contre-Torpilleur de classe Le Fantasque.

他に近接火器として「オチキス 測量艦 海洋観測艦 情報収集艦 技術調査艦 ミサイル追跡艦 音響測定艦 南極観測船. カテゴリ : イタリアの駆逐艦. Jane's Fighting Ships フリゲート コルベット スループ ボムケッチ ロケット艦 衝角艦 水雷艇 通報艦 海防艦 モニター艦 護衛艦 警備艦 対潜艦 偵察艦 ミサイル艦 防空艦 イージス艦 重雷装艦 沿海域戦闘艦 アーセナル・シップ.

ストロンボリ級 エトナ. 第十一号作戦 』のE-4『決戦!リランカ島攻略作戦』のクリア報酬として実装。 ヴィットリオ・ヴェネト級四番艦 ローマ.

  • イタリア王立海軍 イタリア海軍. 表示 閲覧 編集 履歴表示.
  • ウィキメディア・コモンズには、 デ・ラ・ペンネ級駆逐艦 に関連するカテゴリがあります。.

Le Malin. V Mk? : Wikipedia. CAM MAC .

哨戒・警備艦艇 砲艦 駆潜艇 対潜艦 警備艦 装甲艇 トローラー レーダー艦 巡視船 ・ 巡視艇 漁業取締船. 駆逐艦娘 くちくかんむす. ストロンボリ級 エトナ. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

PDF. BNF : cbh GND : ISNI : LCCN : n 銀魂 守護霊 漫画 : VIAF :WorldCat Identities : viaf. E-612. SN E-5 イタリア 大型駆逐艦.

そしてなんと 不具合ではあるが 公式からの供給がなされてしまった 。. ネロ・ クラウディウス・ドルースス. 海軍航空隊 国籍マーク ( ラウンデル ). リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

頼みの綱である改装 戦艦 4隻からなる大戦力も、内実からすれば 第一次世界大戦 時に用いられた 弩級戦艦 であり、新技術を用いて徹底的に改修したものであるとは言え、イギリス海軍は勿論、フランス地中海艦隊を相手にするにも一枚落ちる戦力でしかなかった。おまけにその内の2隻は ドック で改修を施している最中で、開戦時には改装戦艦がたった2隻に過ぎなかった。ただこれには事情があり、そもそもの経済不安や工業力不足を押して対外戦争を続けたことで、イタリア王国軍は陸海空いずれも疲弊した状況にあった。その為、軍需大臣 ファヴァグロッサ tokyoモンスター 英語版 ) を初めとする閣僚陣や軍上層部は 年 以降の参戦をムッソリーニに求めており、海軍もそれに合わせた計画を進めていた。具体的には年頃までに4隻の新戦艦( ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦 )を建造し、並行して先に述べた旧式戦艦4隻の近代化改修も済ませることで8隻の戦艦を戦列に並べ、フランス海軍に(或いはイギリス海軍へも局地的に)対抗するという計画であった。しかしムッソリーニが予想だにしない早期の参戦を強引に決定した為、海軍はまだドックに6隻の戦艦が眠る状態で戦いの渦中へ放り込まれてしまったのである。.

アンテオ 救難艦 エレットラ 多用途支援艦. 大型犬 / ハ行 / イタリア 頭部が長く、体高の10分の4に達する。鼻孔は開き、色はブラック。耳は三角形で垂れている。口吻は頭蓋の大きさに等しい。あごは頑丈で、

  • メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.
  • 普墺戦争 後、イタリア海軍は海軍組織の統合や艦艇の強化を推進し、欧州主要国として恥じぬ戦力を揃えていった。 イタリア海軍は教師役を イギリス海軍 にとり、次いで未熟なイタリアの国内産業を活性化すべくイギリスから軍事企業の誘致を次々に行った。その中でもその最たるものが アームストロング 社で、技術革新の時代にイギリス最大級の軍事企業の協力が得られた事は大きく、国内企業カステラマーレ造船所で建造し年代に相次いで2隻を就役させた 装甲艦 「 ドゥイリオ級 」2隻は、前級である「 プリンチペ・アメデオ級 」の常備排水量5,トンの約二倍の排水量11,トンを誇り、主砲は当時世界最大級の艦砲である45cm(
  • また 年代 には、 北大西洋条約機構 (NATO)諸国によるフリゲートの共同開発計画として NFR 計画が進められていた。これ自体は空中分解したものの、イギリスの 45型駆逐艦 やフランスの フォルバン級駆逐艦 、イタリアの アンドレア・ドーリア級駆逐艦 やドイツの ザクセン級フリゲート 、オランダの デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート と、いずれも統合された戦闘システムを備えた戦闘艦へとつながっていった [49] 。なおこの時期には、巡洋艦やフリゲートと駆逐艦との境界の不明瞭化が進み、単に、搭載する戦闘システムの性能や兵装の多寡による区別としての性格が強くなっている [8] 。.
  • トップ 小型犬 中型犬 大型犬.

[2] [3] 9. 15mm20mm [11]. The Naval Institute guide to world naval weapon イタリア 大型駆逐艦 Pompeo Magno .

測量艦 海洋観測艦 情報収集艦 技術調査艦 ミサイル追跡艦 音響測定艦 南極観測船. 強襲揚陸艦 ヘリコプター揚陸艦 ドック型揚陸艦・輸送揚陸艦 戦車揚陸艦 エアクッション型揚陸艇 上陸用舟艇 ( 汎用揚陸艇 ・機動揚陸艇・車両兵員揚陸艇・歩兵揚陸艇). ルイージ・ドゥランド・デ・ラ・ペンネ Luigi Durand de la Penne.

The Naval Institute guide to world naval weapon ザフゴット原野 CAM MAC .

知っておきたい:

コメント

  1. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.
  2. この時期には新しい対空兵器として 艦対空ミサイル (SAM)が登場し、当初は大戦型巡洋艦を改装して搭載されていたが、後には上記のミッチャー級を元に大型化した 嚮導駆逐艦 ( Destroyer leader, DL ; 後の フリゲート )に搭載されるようになった。更に 年 度計画からは、コンパクトなSAMシステムとして新開発された ターター・システム 搭載の ミサイル駆逐艦 (DDG) として、 チャールズ・F・アダムズ級 の建造が開始された [36] 。また各国も競って同ミサイルの導入を図ったものの、高性能とはいえあまりに高価であり、導入は一部のミサイル駆逐艦に限られた [37] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2021 lastradapattaya.com | 利用規約 | 連絡先 |